お知らせ・新着情報News & Information
お知らせ・新着情報


弊組合における技能実習生の出入国について

2020/11/18

【技能実習生の出入国に関する対応について】(11月18日現在)

現在、民間の国際航空便の運休並びに日本国とベトナム国との入国規制により、入国予定及び帰国予定の技能実習生の出入国が困難な状況が続いております。

 

 

【帰国が困難な技能実習生について】

 ○受入れている実習実施者(企業)には、技能実習生に引き続き在留できる環境の提供(生活実費を得るための雇用支援・雇用継続)をお願いしております。

 この場合、技能実習生は、在留資格変更「特定活動(就労可)」在留期間6か月の延長(※延長更新可)を行い、同じ実習実施者で就労できる様に手続きを行っております。

 

 ○受入れ実習実施者においての雇用継続が不可能な場合、速やかに監理団体へご相談下さい。入管法令等で規制緩和されている転職(他の企業への転職・特定技能等)が可能かを検討して参ります。

 

 

【入国が困難な技能実習生について】

 ○技能実習生本人には、正常に入国ができるまでの間、日本語をしっかり勉強して正常な入国に向けて母国で待機してもらっています。

その旨は、送出し機関を通じて技能実習生に了承してもらっています。

 平常通りの入国(民間航空便の通常通りの往来と隔離措置なし)が再開された際には、技能実習生受入れ予定の実習実施者と入国日程の調整等をご相談した上でしっかりと進めて参りますので、ご了承賜ります様お願い申し上げます。

 

 

 

※ご不明な点等がございましたら、監理団体職員までお問い合わせをお願い致します。

 




前のページに戻る

人と人がつむぐ、ビジネスのお手伝い。N・T・I事業協同組合

ページトップへ